twocarsの趣味録

クロスバイク、ボードゲーム、旅行。

東北旅行(2)

この記事の続きです。 twocars.hatenablog.com

2日目

2日目は仙台から石巻、女川を通って気仙沼を目指す。

仙石東北ライン
仙台 8:20発
石巻 9:20着

9:20 石巻駅

ここからは三陸海岸東日本大震災津波に飲み込まれた、漫画の街。

車がなかったため、石巻駅の周りをざっと歩くぐらいしかできなかった。

◯駅周辺は漫画ロードとされてアニメキャラも立っている。

石巻駅から漫画ロードを歩いて15分ぐらいのところに、石ノ森章太郎萬画館(旧北上川のほとりにある)

◯いろんな所に津波の記録が残る。

石巻線
石巻 10:37発
女川 12:49着

12:49 女川駅

◯震災後新しく作られた女川駅。 駅建物の1階には震災当時のものの展示スペースも。2階は温泉。

◯駅からは駅前の商店エリア、奥の女川港まで見える。 昼食は女川丼。

◯商店エリアのすぐ奥は女川港。震災当時の女川交番は残されている。

大川小学校跡地も行きたかったが、歩いて行ける距離ではなかったので断念。

石巻線
女川 13:24発
前谷地 14:12着
気仙沼線BRT(代行バス)
前谷地 14:21発
陸前階上 16:27着

16:27 陸前階上

宿(気仙沼ゲストハウス架け橋)の最寄り、陸前階上駅に到着。
代行バスは一部区間は旧線路をバス専用道路として活用、残りは国道45号を走る。
乗り心地は悪くないものの、本数の少なさから観光列車としての利用は難しいかな、という感じ。

◯バス専用道路の入り口。一般車・歩行者は立ち入れない。

気仙沼ゲストハウス 架け橋


下の記事でも触れたが、前から行きたかったゲストハウス。 twocars.hatenablog.com
通常のゲストハウスは、宿泊客同士の繋がりを作る所に重きが置かれることが多いと思っているが、架け橋は現地の方と宿泊客の繋がりも大切にしているという印象。

実際、僕が泊まった日も現地の方が架け橋にいらっしゃって、震災当時のお話を聞かせていただくことができた。

また、この日は架け橋のスタッフの方が一度架け橋を離れるということでお別れ会も開かれていて、ケーキもいただきました笑

◯内装はこんな感じ。昼間は小さい子を対象の絵本カフェとしても使われている。非常に温かみのある空間。

3日目(大船渡・陸前高田)へと続く。
twocars.hatenablog.com


関連記事

twocars.hatenablog.com http://twocars.hatenablog.com/entry/kesennuma04twocars.hatenablog.com