twocarsの趣味録

クロスバイク、ボードゲーム、旅行。

東南アジア(2) ベトナム・ハノイ (Day1~5)

ざっと振り返る

3/14(1) 16:35 羽田→20:40 ハノイ・ノイバイ空港
3/15(2) ハノイ市内観光
3/16(3) ニンビン(チャンアン)
3/17(4) ハロン湾
3/18(5) 宿の周りでゆったりして17:20の便でシェムリアップ

使った金額:2.5万円

気候:ほぼ晴れか曇り。雨があったとしても霧雨で傘は不要。気温は朝晩は20℃弱、昼でも25℃ぐらいで半袖でOK。夕方に備えてカーディガンを持ち歩いていたぐらい。

3/14 Day1

初めての1人海外で、羽田空港までは緊張。

出国!

13:30ごろに羽田着。特にすることもなかったので即出国。昼ごはんを食べて2時間近くぼんやり。この時間で緊張がほぐれた。

機内は普通の国際線という感じで毛布があったり機内食を食べたりして過ごす。
2048を一発クリア。
君の名は。』(見たことがなかった)を見て泣く。
コンタクトをつけていたのもあってゆったり寝ることはなかった。

ベトナム入国!宿につくまでは恐怖の道のり。

入国の列はそこまで長くなく到着から30分ぐらいで入国。
この旅はリュック1つで旅行していたため受託手荷物なし。ロスバゲの心配や荷物が流れてくる時間がないのが最大の利点。
そのため機内を降りるのが遅くても入国はほぼ先頭。
まずは両替。レートが思ってたよりずっと悪かったが仕方ないので5000円両替。109万ドンを手にしてお金持ちの気分。SIM購入。
建物を出たら一斉に声をかけられテンパったので一度建物に避難。 SIM売り場のおじさんに市内行きの86番バスのバス停を聞いて建物を出るとやはり勧誘地獄。結局なあなあで薄暗いミニバンに案内され、怖かったが車内に白人女性2人組がいたので乗ることを決意。「One hundred」と連呼されて渋々10万ドン支払い。
(ベトナムでは単位が大きすぎるため1000で割った数で表現する)
(バスが3万ドンなのを知っていたのでぼられたと思ったが交渉がだるくなってしまった。後からわかったのだがミニバンなら10万ドンは相場通りの値段。)

ミニバンの中では後から乗ってきたベトナム人家族と運転手のベトナム語による会話が続く。当然だが内容は一切不明。Google mapのGPSをひたすら追う。明らかにスピードが速い。方向は良さそうということで安心はするものの、初めての1人での海外の行動ということもありどこか連れて行かれたらどうしようという不安が定期的に訪れる。 バスに乗って運転手にどこに行きたいのか聞かれる。英語で問われたので「Hanoi Station」と英語で答えるも理解してもらえない。発音悪いのかと思って何度もいうが変化なし。地図に書いてあった「Ga Hanoi (ベトナム語)」というと伝わった。
50分ぐらいでハノイ駅に到着。歩道の舗装のされなさにビビりながらスマホ片手に宿まで歩く。(可能ならスマホはしまいたかったが道がわからなくてはどうしようもない)
f:id:twocars:20180424111435j:plain:w300 (夜のハノイ駅)

宿は日本人宿の「EZ STAY Hanoi」。2段ベッドの上を借りて、この日は他の宿泊客とは会話せずシャワーを浴びて就寝。

3/15 Day2 ハノイ市内

ハノイ市内をぶらぶら。

朝起きたら他のお客さんの声が聞こえたのでその方達に挨拶がてら会話に加わる。朝ごはんを一緒に買いに行くことに。バインミーというサンドイッチ。昨晩食事を取っていなかったことに気づく。何気無く頼んだのだがパクチーが入り!実は日本でもパクチーは食べたことがなく初パクチー。意外と食べられたので安心。午前中、ハノイ市内を一緒に回ることに。安心した。
f:id:twocars:20180424110824j:plain:w300 (バインミー)

戦争博物館ホーチミン廟:外歩くので精一杯!

こうして外に出ることが決まったので5人ほどで外を歩くことにしたのだが、ハノイの朝のバイクの量にビビる。さらに信号がないor機能しない道を渡るときはこのバイクや車の流れに突っ込んでいくことになる。最初は怖気付いて全然渡れなかったが、2,3回ほどで道を渡ることにも慣れた。下手に譲り合うのが一番危ない。歩行者最強!の気持ちで渡ると意外とスイスイいける。

戦争博物館ベトナム戦争関連の展示と米軍の戦闘機の展示。荷物は無料ロッカーに預ける。観光客がほとんど。

その後ホーチミン廟。ここはベトナム人にも大人気の施設でめっちゃ並ぶ。10:40についたのだが長蛇の列で諦め。

暑かったので宿に戻る。
他の宿泊客(小宮くん-魚にめっちゃ詳しく、その界隈では有名人らしい)の買ってきた雷魚を宿の方が調理してくださってそれを少し食べる。小骨が多いがふわふわで美味しかった。

ホワンキエム湖周辺

午後はホワンキエム湖周辺へ。湖と近くにあるセント・ジョセフ教会。 ドンスアン市場(?)ですっぽんを見たり、切られた直後でまだピクピクしている魚を見たり。

夕食はフォー。

(28,384歩)

3/16 Day3 ニンビン

この日は「陸のハノン湾」とも呼ばれるニンビンヘ、この度初の1人移動。

ベトナム統一鉄道:ベトナム唯一の鉄道

ベトナムでは鉄道の発達は非常に遅れていて、ベトナム内の鉄道というとハノイホーチミンを結ぶベトナム統一鉄道のみ。

鉄道好きの自分としてはこれには乗りたかったので、ニンビンまでは鉄道を利用。
(一般的にハノイ〜ニンビンはミニバンが使われることが多い。時間と値段は鉄道とほぼ同じ。)

チケットと車両。ニンビンまで、時間で12万ドン(600円)。

本数はあまりない。9時にハノイ駅発の鉄道に乗車。 車内は寒いぐらいに冷房がかかっている。ハノイ市内では20km/hぐらいでノロノロ。郊外に出たと思ったら70km/hを維持するぐらいのスピードでまあまあ揺れる。
f:id:twocars:20180424111101j:plain:w300 f:id:twocars:20180424111106j:plain:w300
(チケットは紙。座席は足置きやリクライニングがあり快適。)

何事もなくニンビン着。ニンビンといっても観光地は大きく分けて3か所。今回はチャンアンに向かうことに。朝ごはんを駅前の商店で食べてたらまたも勧誘。ここで最大のミスに気づく。
ベトナムドン持ってくるの忘れた!!」
これは馬鹿すぎた。結局両替をその辺の店でやってもらえた。(日本円を受け取ってくれただけでも満足だが、)レートは最高の95%ぐらい。

勧誘のおっちゃんはバイクタクシー&帰りのミニバンで64万ドンを要求。(相場より高すぎる) あまりにも驚いてしまい、結果30万ドンまで下がったがこれでも相場以上。(相場は20万ドンぐらい)

チャンアンまでのバイタクは風を切ってめっちゃ気持ちいい。初バイタクは思ったより安定していて、交通量も少ないので排気ガスも気にならない。20分ぐらいで到着。

チャンアン

チャンアンは洞窟や突き出た岩を巡るボートで回るのが主流と聞いていたので、そのボート券を購入。20万ドン(1000円)、高い。

ボートコースは3種類ある。ボートは5人乗りで、5人揃わないと出発しない仕様。 1人でいた外国人女性(エマさん)とまず一緒になり(ベトナム人4人+僕、という状況を回避するため)、僕たち+ベトナム人3人で船に乗ることに。

3人のベトナム人+ボート漕ぐ人は英語が通じないため、必然的に僕はエマと話すことに。 エマは大人っぽく見えたが大阪のインターに通う高校生だった。なんとボードゲームが好きだったみたいで会話が弾んだ。

洞窟は鍾乳洞になっていて、天井も低いためテンションが上がって綺麗、洞窟外も突き出た岩がたくさんあり、「水墨画の世界」と言われる美しさ。静かな中をボートで時間を忘れるように進んで行くのは癒された。

しかし、ボートに乗った時は知らなかったのだがこれが3時間。途中、お寺などに案内されるが、全てベトナム語で意味もわからず、さすがに長かった…
最後の方はスマホバックギャモンやったりした(惨敗)

ナイトマーケット

帰りのバスを間違えて1個前で降りてしまったので、大通り沿いを1時間ほど歩くことに。
f:id:twocars:20180424111908j:plain:w300
(広い歩道でバドの羽見たいのでクリケット?してる子ども達がいっぱい。)
途中で買った333ビール(1.5万ドン)はあまり好みな味じゃなかった。

夜は日本食料理屋で寿司など。一緒に夜ご飯食べに行った大人に奢ってもらった。(ありがとうございます!)

ナイトマーケットでは、昼間バイクで溢れている通りが歩行者天国になり、服やアクセサリーの露店が並ぶ。食事は少ない。

一緒にナイトマーケット行った人と人生初のクラブへ。わかってはいたが苦手だ…

(23,011歩)

3/17 Day4 ハロン湾

ツアーを利用してハロン湾へ。ちなみにハロン湾は「海の桂林」とも呼ばれる。

同じ宿の人(大学4年・男)と2人でツアーに参加。渋滞していたりしてバスで4時間ぐらいかかった。
ついたら真珠の売り場に連れて行かれるが何も買わない。
その後、クルーズ船に乗って食事。これが結構豪華で量も十分、美味しかった。
食事後、鍾乳洞の中(広い)をガイドさんが案内してくれたり、手漕ぎボートで一部のエリアを漕いだりできて最高だった。景色は確かにニンビンと似ているがこちらは景色を見る以外にもアクティビティがあるので飽きることなく楽しめた。
(40$。まあまあするが大満足。)

3/18 Day5 ハノイ最終日

ハノイで行きたいところはだいたい行けて、ベトナムドンも少なくなってきたので宿でおしゃべりしてゆったり。 昼にブンチャー(つくねや焼肉、紫蘇などのつけ汁のつけ麺。写真忘れたが美味しい。)を食べてハノイ市内を13:00頃にでる。帰りは路線バスで。3万ドンと安い。

17:20の便でシェムリアップへ!
(19,988歩)

ハノイ感想

初1人海外で緊張したが、初日に日本人とともに行動できたのが良かった。
最初は道を渡るのも大変だったがこの4日で東南アジアの雰囲気を存分に感じることができた。
ハロン湾はツアーで参加したのが良かった。 丸3日あれば十分ハノイは楽しめそう。

Next

twocars.hatenablog.com