twocarsの趣味録

クロスバイク、ボードゲーム、旅行。

東南アジア(3) カンボジア・シェムリアップ(Day5~8)

ざっと振り返る

3/18(5) 19:05シェムリアップ国際空港着
3/19(6) アンコールワット朝日→ベンメリア
3/20(7) オールドマーケット→アンコールワット周辺ツーリング
3/21(8) プレアヴィヒア→22:05の便でバンコク

使った金額:2.2万円(200ドル)
カンボジアではドルを使う。セントはなく、細かいのはリエルで帰ってくる。1ドル=4000リエル。
また、汚いドル札は使えないので注意。20ドル札が使えなくて持ち金がいきなり減ったりする。(アメリカとかでは当然使える)

気候:毎日晴れ。昼は35℃ぐらいまで上昇。カラッとした暑さだが、雲がなく日光が当たり続けるので体感はもっと暑い。現地で日焼け止めを購入。

(⑨ベンメリア・⑩プレアヴィヒアは中心部からかなり北東方向に進んだところある)

3/18 Day5

入国

シェムリアップ国際空港に降りた瞬間、暑さを感じる。時間は19時を過ぎているのにハノイでは感じないモワッとした暑さ。(湿度を感じる暑さは空港でだけだった)

カンボジアの面倒なところは入国ビザが必要なところ。 空港でアライバルビザを取れるのだが、32ドル。高い…
アライバルビザの列はかなりの長蛇になるので飛行機で書類を記入して速攻で列に並ぶべし。
宿の方が迎えにきてくれて、トゥクトゥクに乗って宿へ。
宿についたら食事。
f:id:twocars:20180424133910j:plain:w300 (カンボジアといえば、ロックラック)
宿:シティプレミアムゲストハウス
ここの宿は食事が安くて美味しい。
夜は宿泊客と話したり、明日どうしましょうという話をしたり。どこか遠出する場合は人数集まった方が交通費が安くなる。

3/19 Day6

アンコールワットの朝日

アンコールワットは朝日が最高。朝は4時に起きて4:30に出発。チケット売り場はアンコールワットと結構離れたところにあるので、そちらに寄ってから。チケットが高い!!(1日券37$、3日券62$、7日券72$)
ちょうど見るところの東側にアンコールワットがあるので、アンコールワットの後ろから日が見えてくる。さらに手前に池があるので逆さアンコールワットが見える。

このツイートの2枚目は20日にアンコール遺跡周りをツーリングした時のもの。

ベンメリア

朝日から帰ってくるのは8時前。一休みして今度はべンメリア。車で1時間ぐらいかな?
1000年近く前に建造された後、植物の腐食などによって崩壊したが、現在も修復されずに残っている遺跡、ベンメリア。

ひたすら崩れた遺跡がある。カンボジア内戦の時の銃弾の跡も。
f:id:twocars:20180428182308j:plain:w300 (瓦礫の山、多くの場所がこんな感じ。)
f:id:twocars:20180428182417j:plain:w300 (瓦礫の上に鳥の糞が落ちて木が生えてきている。)
f:id:twocars:20180428182644j:plain:w300 (銃弾の跡。生々しい)

また、この辺りはシェムリアップから少し離れているため、地雷が完全には撤去されていないところもある。
f:id:twocars:20180428182730j:plain:w300 f:id:twocars:20180428182749j:plain:w300 (地雷撤去済みを示す看板。)

ベンメリアを出た後はガイドさんの運営するフリースクールに連れて行ってもらい、見学。日本語で自己紹介するなど。ベンメリアからは少し離れたところで、道路は赤土、広大な草原が広がる。夜には星が無数に見えて綺麗だった。(21時過ぎまで滞在していた)
f:id:twocars:20180428181853j:plain:w300 f:id:twocars:20180428182132j:plain:w300

帰って就寝。(13,266歩)

3/20 Day7

オールドマーケット

シェムリアップはナイトマーケットとオールドマーケットが有名。この日は朝からオールドマーケットでお土産を調達。
オールドマーケットへは中心部から歩いて30分弱。 ぶらぶら歩いたりして午前中終了。

サイクリング

この日に限らず、3月半ばの昼間は既に35℃の暑さ。行動できないので、宿で待機。
15:30ごろ、マウンテンバイクを借りてサイクリング。アンコールワットへ。
アンコールワットまでの道は林道を抜ける感じで、速度も出やすく気持ちいい。
30分ぐらいでアンコールワットに到着。一度見ているので周りをぐるっとして、アンコールトムまで。
遺跡に飽きていたのでサクッとみて、西バナイ(地図⑥、湖畔にハンモックがある)に向かおうとする。(これがミスだった…) アンコール遺跡を抜けた後は林の中、1本だけ無理やり作ったようなガチなオフロード。砂にタイヤを取られるは石を避けなくてはで大変。あたりが徐々に暗くなるので怖かった。
maps.meアプリを見ながらなんとか抜けた先は美しい夕日。(写真なし)
もう少し進むと謎の宗教都市っぽいところ。坊主の人ばかりで薄気味悪かった(表現よくないが、実際そうだった)ので急いで通り過ぎる。
(→後で調べるとSvay Romiet Pagoda というところだったよう。地図⑦詳細不明。観光地ではない) 本当はもっと進みたかったがこれ以上は暗くて進めないよと現地の方に言われたので諦め。
空港に出てから宿の方へ。大きな道はトゥクトゥク・バイク・自転車専用道路があるため走りやすい。
f:id:twocars:20180502150504j:plain:w300 (車道側の標識。トゥクトゥクなどは入ってはいけない) 40km近い道のりだったが途中の15kmぐらいが地獄だったので体感もっと長かった。
しかし自転車で走り抜ける感覚は気持ちよすぎてクセになりそう。

西メボンは本当にいいところらしいので行きたかった…
シェムリアップにもう1泊できればよかったが飛行機を予約してあったのでできず

3/21 Day8

プレアヴィヒア

海抜600mにあり、天空寺院と呼ばれる。プレアヴィヒア=「神聖な寺院」。
世界遺産。タイとの国境付近に位置して過去には国境問題もあったようだが今は完全にカンボジア

プレアヴィヒアは当初予定になかったが、オススメされて行くことに。上に書いたようにタイとの国境付近なので、シェムリアップから車で4時間と非常に遠い。交通費も本来めっちゃかかるが、10人で行ったため1人12ドル。

歴史がほとんどわかっていない僕は正直遺跡には飽きていたが、景色は最高。標高が高いため涼しく、虫や鳥もいない。
f:id:twocars:20180428193833j:plain:w300 (切り立った崖の下に見える木々はミニチュアのよう)

プレアヴィヒアに行くと、移動8時間、現地3時間という1日になってしまうけれど、すごくオススメ。

出国

19時ごろにシェムリアップに戻り、夕食を食べて少しお土産を買ったら空港へ。
(東南アジアなら空芯菜炒めを食べたい)

Prev.

twocars.hatenablog.com

Next

twocars.hatenablog.com