twocarsの趣味録

twocarsの趣味録

旅して乗って、遊んで弾いて、撮って書く

 

【松山・しまなみ旅行(3・終)】瀬戸内しまなみ海道サイクリング!

松山・しまなみ旅行3日目、4日目です。

2日目はこちら。
twocars.hatenablog.com

旅も後半に入り、ラスト2日は瀬戸内しまなみ海道今治尾道間のサイクリング。

今治駅から新尾道駅までは80km以上、途中ゆったり観光もしたいということで、2日かけて走り抜けるルートを選択。

1/5 今治生口島

10:00、今治駅しまなみ海道の起点となる駅でここからの走行に備えて空気入れ。仏式の空気入れを自分で使うのは始めてて、かなり手間取った… レンタサイクルを使う友人もいたのでそれも待ち、10:10今治駅からサイクリングスタート!

f:id:twocars:20190111164532j:plainf:id:twocars:20190111164548j:plain
今治駅にて、4台のクロスバイクで準備完了!

f:id:twocars:20190111164602j:plainf:id:twocars:20190111164617j:plain
瀬戸内しまなみ海道では道に青い線がひかれていて道がわかりやすい

まず初めに待ち受けるのは、瀬戸内しまなみ海道の主要な見所の1つである来島海峡大橋。第1大橋、第2大橋、第3大橋と3つの吊り橋からなり、総距離4kmになる橋は瀬戸内しまなみ海道最長。尾道から来た場合は最後のシメにふさわしく、また今治からここだけ日帰りでサイクリングするコースも設定されている。ただ、来島海峡大橋に限らず橋自体の標高は海岸より高く、橋に向けて緩やかに上り坂が続くのがなかなかにしんどい。

緩やかな傾斜で長く坂が続く(GPS走行ログより)

今回の旅行、ほぼずっと快晴だったのだが3日目の午前中だけ曇りがち。(雨が降らなくて本当に良かった。) 青い海を来島海峡大橋から眺めることはできなかったが、海の上を走り抜けるのはこの後何度もあるが毎回気持ちいい。

1つ目の島は大島。大島に入ってすぐに道の駅 よしうみいきいき館があるのでそこで休憩。

f:id:twocars:20190111164447j:plainf:id:twocars:20190111164631j:plain
じゃこ天を食べる。大島からみた来島海峡大橋

大島のサイクリングコースは島を突っ切る。これは峠を越えることを意味し、2kmに及ぶ上りはやはり苦しい。
峠を越えて再び海に出たが、ここで村上水軍博物館へ。『村上海賊の娘』(未読)がベストセラーとなり、名前だけは聞いたことのある村上水軍。瀬戸内海をいかに抑え、周りの有力者と付き合ったかがよくわかる展示を見ていると1時間ぐらい経った。

昼は村上水軍博物館のすぐ近くにあり、漁協が開いている食事処「能島水軍」にて、タイの唐揚げ(素揚げ)。身はふっくらで小骨もパリパリ食べられたり、満足感の高い一品!

f:id:twocars:20190111164304j:plainf:id:twocars:20190111164331j:plain
村上水軍博物館、昼食の鯛の唐揚げ

昼食後はサイクリング再開。2つ目の伯方島*1にある道の駅 伯方S・Cパークで休息をとり、3つめの大三島へ。

大三島にある道の駅 多々羅しまなみ公園は、サイクリストの聖地としても知られ、ここで再び休憩。次の生口島に繋がる多々羅大橋の主塔は、てっぺんが音叉の役割をして鳴き竜の音を聞くことができる。*2

f:id:twocars:20190111163012j:plainf:id:twocars:20190111162957j:plain
サイクリストの聖地どら焼きとともに

大三島の西側には大山祇神社など観光スポットがあるのだが、峠越えがあったり、少し離れたところにあったりしたので断念。

多々羅大橋上に県境があり、愛媛県から広島県に移り、4つ目の生口島に到着。

大三島生口島はみかんがあちらこちらで育てられている。5月ぐらいにはみかんの香りで満たされるそう。

生口島の西海岸沿いを走るルートで、夕陽を見ながら走る。途中にある瀬戸田サンセットビーチで夕陽を見て休憩、本日の宿「民宿旅館ひよし」に到着。

サンセットビーチから見るサンセット

夕食を食べ、少しボードゲームをして就寝。

◯1/5 走行ログ

1/5 今治生口島 GPS走行ログ

1/6 生口島尾道

最終日、8:30に宿を出て、尾道方面へ。宿の方に聞いたところ、生口島から尾道まで、観光にいい場所はなく、尾道に行ったほうがいいのでは?とのことだったので、それに従うことに。5つ目の島、因島は小さい島で、北部にあるフラワーパークに寄っただけ。6つ目の向島に渡る因島大橋(吊り橋)は、2階建てになっていて上を自動車、下を歩行者・自転車・原付が走る構造。ここで尾道まで10kmを切っていよいよゴールが近づいてきたな、と感じる。

f:id:twocars:20190111162312j:plainf:id:twocars:20190111162328j:plain
因島大橋を中から、因島大橋の中で残り10km!

向島はかなり交通量も多い。向島から尾道にかかる橋は自動車専用なので、ここは船で渡る。

f:id:twocars:20190111173429j:plainf:id:twocars:20190111173504j:plain
尾道方面フェリーとフェリーから見た尾道
船で渡ったらそこはJR尾道駅のすぐ近く。
瀬戸内しまなみ海道走破!!
今治もそうだけど、「しまなみ海道起点」みたいな看板が一切ないのが悲しい。

尾道では駅前で尾道ラーメンをいただく。背脂の浮いている細麺の醤油ラーメン。この時点で12:00。帰りの新幹線が17:40なのでかなり余裕があったので、スーパー銭湯「ぽっぽの湯」へ。尾道にくるサイクリストの新名所にしたいそうだが、かなり急な坂を登る必要があってしんどかった。*3ぽっぽの湯は休憩スペースも充実していて、1日中ぐったり休めそうな良空間。おすすめ。

新尾道駅に向かう道中、「東珍康」*4で再び尾道ラーメンを食す。食べログ3.5の味は確かに美味しい。

f:id:twocars:20190111162729j:plainf:id:twocars:20190111162743j:plain
「ぽっぽの湯」外観、東珍康の尾道ラーメン

新尾道駅周辺は本当に何もない。自転車をたたみ(20分強でたためるようになった、成長!)、お土産を買って新幹線に乗る。実はレールスターの車両は初めて。停車中に慌てて写真を撮ったのでブレている。福山でのぞみに乗り換え、帰京。

f:id:twocars:20190111162450j:plainf:id:twocars:20190111162503j:plain
レールスターと自転車、帰りののぞみはN700A系だった
◯1/6 走行ログ
1/6 生口島尾道 GPS走行ログ

全体通して

旅行先での主移動手段が自転車というのは初めてでかなり新鮮、気候もちょうどよく、とても気持ちのいい旅だった。
観光っぽい観光は下灘、松山市内のみだったがそれ以外で非常に充足感を伴うものになった。

そして、自転車への愛着がさらに湧いた。
輪行旅行ということでいつもより準備に手間取ったが、今回で輪行にはかなり慣れたので、東京での日帰りで遠出(片道輪行)もしやすいと感じた。

自転車走行記録:150kmぐらい
JR乗りつぶし記録:予讃線「串〜今治」を新たに乗り、JR四国25.4%、全国52.5%に更新。

☆はじめましての方、いつも見てくださってる方、よろしくお願いします!

*1:は・か・た・の・塩!のCMのアレ

*2:やり忘れた

*3:しまなみ海道は自転車用に勾配が緩やかになっている

*4:「とんちんかん」と読む