twocarsの趣味録

twocarsの趣味録

旅して乗って、遊んで弾いて、撮って書く

 

2017.08.21-23 写真で振り返る台北旅行

こんにちは。
今回は、おととしの夏に弾丸で行った台北旅行について、写真をメインに振り返ります!!*1

About this trip

  • 2017.08.21-23(2泊3日)
  • 2人旅
  • 往復ともに成田空港⇔台湾桃園国際空港
  • 1日目の午前の便で出国、3日目の深夜便で帰国なので現地滞在は2.5日
  • 短期間の海外旅行は初めて(というより今までこれだけ)
  • 準備は地球の歩き方を前日に見るだけ(つまりノープラン)
  • 通貨:1元=3円ぐらい

では早速本題に移っていきます~

1日目

14時ごろ、台湾着。桃園空港からは地下鉄で台北駅へ。地下鉄は、磁気チップみたいな切符。ゴミが出ない仕様だしいいな、と思った。また、駅はかなりきれい。駅構内、車両内は飲食禁止が徹底されている。

f:id:twocars:20190125235321j:plainf:id:twocars:20190125233314j:plain
切符がわりになるもの。改札前から飲食禁止。

台北駅は多くの鉄道が乗り入れる駅でとても広い。そして、外は真夏、暑い。とりあえず昼食を。牛肉麺、確か15元(50円ぐらい!安!!)とか。味はあんまり覚えてない。というか台湾での食事は全体的に馴染みやすい味で食べやすかった記憶がある。

牛肉麺
まず、駅前のホテルにチェックイン。結構いいホテルだった。ビール1本目。すでに15時を過ぎる。
台北駅は先ほども言った通り、とにかく敷地が広く、地下街がめっちゃ広い。地上は熱いので地下街をぶらぶらしながら午後の作戦会議。
地下街はやたらゲーセンがある。1回10元(30円)のUFOキャッチャー。こういう時に限って取れてしまう。(正直邪魔だ...)
f:id:twocars:20190124130404j:plainf:id:twocars:20190124130359j:plain
青島ビールと、ゲットしたリラックマの人形

結果、遠い観光スポットから攻めていこうということで「九份」へ。夕暮れには「千と千尋の神隠し」の世界のようになるといわれ、期待。

f:id:twocars:20190124130355j:plainf:id:twocars:20190125233524j:plain
九份までの鉄道
鉄道で30分ほど。降り立った瑞芳駅前は普通の地方都市の感じだが、汚い。タクシーで九份まで向かう。

  • 九份
    明るい提灯がたくさん下がっていて、雰囲気は良い。ただ路地が狭くて暑い上に、臭豆腐の匂いが結構きつかった。手土産も特に買わず、せっかくの記念に「阿柑姨芋圓」を食べる。後から知ったのだが、1969年創業の、九份で一番古い芋圓のお店らしい。
    > 芋圓とは、タロイモの粉と小麦粉を練って茹で、直径2cmほどのお団子にしたものです。この芋圓はホットとアイスの二種類があり、アイスはカキ氷入り、ホットは暖かいお汁粉ではなく、氷が入っていない常温の状態で出てきます。窓際の客席からは、基隆港までのパノラマビューが楽しめる。 (https://www.travelbook.co.jp/topic/37?p=2 より引用)
    暑かったのもあり、アイスを頼んだが、かなり氷多めで、氷が残る。味はまあまあ、そもそもイモと氷って相性どうなの。
    帰りのタクシーは曲がりくねって、しかも人の多い坂道を爆速で走行してヒヤヒヤした。
    九份全体としては、期待値が高かったのがあるかもしれないがうーん、といった感じ。
    f:id:twocars:20190125233629j:plainf:id:twocars:20190124130343j:plain
    九份、芋団子
    f:id:twocars:20190125233945j:plainf:id:twocars:20190125233953j:plain
    九份。路地はかなり狭い

1日目の夜は瑞芳の駅前で軽食。ホテルに帰ってからビール2本目。
台北の夜は治安がかなりいい印象を受けた。かなり日本の都市っぽい。

2日目

この度唯一の1日中台湾にいられる日。まずは台北中心部から。
総統府、中正紀念堂などを見て、昼は鼎泰豊*2で。鼎泰豊はかなり有名で店の前には人だかりができる人気店だったが、2人で相席OKにしたらすんなり入れた。小龍包などの中華を一通り。確かに庶民的なレストランと比べると価格は高いが、それでも日本と比べればかなり安い。そしてめっちゃおいしいので台湾に行かれる方は行くといいと思う。

f:id:twocars:20190125234224j:plainf:id:twocars:20190125234234j:plain
総統府、自由広場(中正紀念堂のそば)
f:id:twocars:20190125234323j:plainf:id:twocars:20190125234334j:plain
中正紀念堂、交替式という儀式も有名らしい(丁度居合わせた)
小龍包

午後、まず台北101へ。世界第2位の完成建造物*3はかなり特徴的な見た目(象山の2枚目の写真参照)。また、世界最速エレベーター(東芝製)は本当に速い。一瞬で展望台までついた。台北が一望。ガラス張りの床もあって良。

f:id:twocars:20190125235459j:plainf:id:twocars:20190125234609j:plain
台北101、世界最速エレベーター

続いて、近くにある象山へ。結構体力を使った...。上ったところからは台北101を近くから全体を眺められる。

f:id:twocars:20190125233146j:plainf:id:twocars:20190125233158j:plain
象山

ここまでで15:30。タピオカジュースを飲んでまだ時間があったので、故宮博物館にも行ってしまうことに。

17:20、故宮博物院。4大博物館の割に狭い。上野の科博の方が広いかもしれない。いろんなものがあるけどいまいちわからず。

f:id:twocars:20190125234804j:plainf:id:twocars:20190125235050j:plain
故宮博物院

夜ご飯も中華料理。安定のおいしさ。
夜、台北ボードゲームショップに行った。品揃えはかなりいい。そしてめっちゃ整頓されている。特別台北で買う必要はなかったが、SKULLを購入。

f:id:twocars:20190125235717j:plainf:id:twocars:20190125235727j:plain
夜ご飯、ボードゲームショップ「卡牌屋棹上遊戯」

3日目

もう最終日。フライトが21時とかなので丸1日つかえるのだが、定番の観光スポットは周りきってしまった。ということで少し離れたところにある猫空へ。標高が高いところにあり、ロープウェイ自体が観光資源になっている。お茶が有名。涼しく、落ち着いた雰囲気。
観光客が少なく、お寺とかに行っても誰もいなかった。 昼食は締めの牛肉麺

午後は、迪化街へ。問屋街で、かなり閑散としていた。漢方のものが多い。特に買うものはなし。
その後はぶらぶら、雑貨屋に行ったりお土産屋に行ったりして時間を過ごし、あっという間に帰国の時間に。

全体通して

3日は短いようだが、台北旅行という点ではちょうどいいかちょっと長い期間なのかもしれない。夏の暑い時期なので、身軽に動けるのも良い。
交通網はかなり便利に発達しているし、前述のとおり台北駅の近くなんて日本かと勘違いしてしまいそうなぐらい。身近な海外としていいなと思った。なによりいろいろ安く済むのが良い。
あんまブログに向いた写真がなかった...

☆はじめましての方、いつも見てくださってる方、よろしくお願いします!コメントもお待ちしております!

 

関連記事

twocars.hatenablog.com

twocars.hatenablog.com

twocars.hatenablog.com

*1:文章をしっかり埋める時間がなかった...

*2:ディンタイフォンと読む

*3:1位はUAEのブルジュハリファ