twocarsの趣味録

twocarsの趣味録

旅して乗って、遊んで弾いて、撮って書く

 

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』読後メモ

久々に本を読みました。内容を忘れないよう、メモしておきます。
ネタバレもがっつりしているので、気にする方は回れ右推奨です。


気になったところを箇条書き。

  • 荻島でおきた様々な事件がすべてつながる瞬間の爽快さ

  • 鳥のために人を殺す:人間優位への疑問

  • 確かに、人が死ぬ瞬間にモノクロの世界になる

  • 城山が殺される動機の意外性:天罰?

  • 城山の本性に関連する描写が過激すぎる恐怖

  • 人に求められず、人を求めない存在(静香)が音楽をもたらす

  • 命の所在:頭か心臓か

  • 100%現実離れしているのに、なぜか常に納得しながら読み進められる

  • 自分がいることで事件が起きるのではないか、いなくなることで島は平和になる?

  • バレるとわかっていながら(優午警察or桜)この島で罪を犯すのはなぜ

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)