twocarsの趣味録

twocarsの趣味録

旅して乗って、遊んで弾いて、撮って書く

 

映画『蜜蜂と遠雷』鑑賞後メモ

先日、久々に1人で映画を見に行きました。作品は『蜜蜂と遠雷』。ピアノコンクールを目指す4人の物語ということでかなり気になっていました。
感想部分はネタバレに配慮していないので、気にされる方はブラウザバックお願いします。

あらすじ (公式サイトより引用)

3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。 かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。 そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。 そして、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?

感想

かなり良かった。シンプルに「ピアノ(音楽)と人」のみが描かれ、登場人物の家族は最低限のみ*1恋愛模様はほぼ無しと、「音楽っていいなあ」の気持ちが深まる良い2時間だった。個人的に「月の光(ドビュッシー)」に深い思い出があることもあり、亜夜と塵が「月の光」を弾くシーンですでに涙腺崩壊。また、シーンの切り替わりが自然で、話の展開がすっと入ってきたのも良かった。

以降、箇条書き形式で印象的/気になったポイント。

  • 馬?
    冒頭に出てきて確か最後あたりにも出てきたかな、あまりよくわからなかった。

  • コンクール出場者のつながり
    コンクール出場者ってコミュニケーションとるものなのだろうか。幼少期から才能が抜群で有名だった、とか塵のような特殊な天才型周りのみの特殊な関係性のみであんな仲良いのかなあ。

  • 木の鍵盤かっこいい
    塵が練習に用いていた木の鍵盤。当然音は出ないので弾き方と響き方がわからずに練習ってのはどうなの?と思いつつ、だからこそ生まれる、生むことができる独特な響き(実際、塵の後には調律が狂っている)はまさに天才の仕業なのだろう。そういうの関係なく木の鍵盤かっこいい。

  • 鹿賀丈史怖い(床には気づかないの?)
    いやー、鹿賀丈史怖かった。後半で、実際はただ怖いだけじゃない、奏者に音楽と向き合う機会を与える素晴らしい指揮者なんだなあ、とわかるが、にしても怖い。それにしても、超一流の指揮者なのに舞台の床が変わってる(ここまで具体的じゃなくても響きが違う、とか)ことには気づかないのだろうか。塵の超次元的な天才さを際立たせるエピソードとしては十分だが。

  • 最高の奏者を探すのは自身の嫉妬から
    嵯峨三枝子(斉藤由貴)のセリフ。三枝子もまた若い頃天才ピアニストであった。今は確固たる地位を築いているものの、若い頃思い描いたよりは低くまとまったのかもしれない。自身の音楽家としての信念を持ちながら、審査員としてピアニストの奏でる音楽性も評価しなければいけない、という苦しみが感じられ、印象に残った1シーン。

  • 塵の純朴な目
    鈴鹿央士さんの目がすごい。かわいらしい目と力強い目力って両立するんだ、と驚いた。

  • 松坂桃李やば
    松坂桃李の演技がこの映画中ずっと強い存在感を持っていた。コンクールで最上位クラスに来るほどの腕前だが、他の天才ピアニストとは異なる「庶民派ピアニスト」の言葉を100%体現していた。

  • 明石と周りの2人の女性との絶妙な距離感
    2人の女性とは、明石の妻(高島満智子/臼田あさ美)と明石の幼馴染の記者(仁科雅美/ブルゾンちえみ)。明石の日常の仕事風景や夫婦のシーンは映画ではほぼ触れられていないため詳細不明だが、妻が明石の精神的な不安定さを包み込む役割を持つ一方で、記者は個人的な感情を入れすぎずにドライに接しているのが印象的。明石が落選した直後の、声色変えない淡々としたインタビューシーン、良かった。あえて本戦出場の会見を長さず赤目で察させる演出もより気持ちが入り込めて良かった。

  • 「非エリート」視点での絶望とエリートへの尊敬
    「非エリート」とは明石。他3人は小さい頃からピアノに取り組み、音楽に生きていて自分とは違う、ということを常に意識し、自身の奏でる「生活者の音楽」を武器にしている。エリートと非エリートではっきりと明暗が分かれた最終予選後、海辺でエリート3人が足跡で曲名当てゲームをしているシーンは明石(と幼馴染記者)の絶望と尊敬をにじませるシーンは思わず涙が出た。

  • 世界に自分とピアノだけでもピアノを弾く
    天才少女としてピアノに接し、ピアノを他人のために弾く、という感覚になっていた亜夜が、塵の言葉によってピアノの本当の楽しさを思い出すシーン。「お客さんがいなくても、ピアノを弾くと思うよ?」を優しく問いかけるあの感じは、塵が独特な魅力を持っているからこそ出せていると感じた。たぶんマサルにはあの雰囲気はつくれない。

  • 「世界が鳴ってる」
    これも塵のセンス溢れる言葉として印象に残った。「鳴る」とは自身の演奏に対する観客や恩師の喝采だけでなく、世界中どこかで常に存在する誰かの音楽、も含まれると考えた。

  • エピローグ気になる!
    本作の、最終結果をドンと出して終わって、直後は もう終わり? という感じになった。その後の登場人物の感情を受け手に想像させる演出は良い余韻で良かったが、別で演奏会後の描写も見てみたくなった。


やっぱり最上位レベルでは幼少期からの経験、環境、センスには勝てないのかもしれないという現実を突きつけられながらも、純粋に音楽と人物の関係の描写が続いている素敵な映画でした。かなり頑張って2時間に収めただろうと思うので、原作も読みます!

☆はじめましての方、いつも見てくださってる方、よろしくお願いします!コメントもお待ちしております!

*1:亜夜の母親と明石の妻は彼女/彼の音楽ルーツはに欠かせないので出てくる