twocarsの趣味録

twocarsの趣味録

旅して乗って、遊んで弾いて、撮って書く

 

東南アジア(5) ラオス・ルアンパバーン(Day12~14)

ざっと振り返る

3/25(12) ビエンチャン着→ルアンパバーン
3/26(13) ルアンパバーン
3/27(14) ルアンパバーンハノイ
3/28(15) ハノイで空港内宿泊(トランジット)→羽田へ帰国

使った金額:1万円ぐらい
バンコクで余らせたバーツをキップに両替。
バーツも使えるけど若干割が悪い。日本円からの両替だとバーツを挟んでもレート変化なし。 気候:初日は晴れ。翌日からはずっと曇り。

3/25 Day12

入国

寝台列車は爆睡。とても心地よく寝られて、朝も自然と起きられた。列車に限らず車内は冷房がきついことがほとんどなので長袖が役に立つ。
意外にも終点のノーンカーイまで乗る乗客は少なく、僕の乗っていた車両では4割ぐらい。
ノーンカーイは涼しく、長袖でちょうどいいぐらい。

f:id:twocars:20190130231224j:plainf:id:twocars:20190130231231j:plain

タナレン駅と、乗ってきた鉄道。周りは原っぱ。

ルアンパバーン

ルアンパバーンまでの飛行機、隣がまさかの日本人のおじさん2人組だったので、タクシーに一緒に乗せてもらおうとしたところ、タクシーは途中で降りさせてくれないということだったので結局歩き。 日が照っていたので暑かったので40分ぐらい歩いたところでスポーツバーに入店。
初食事はソーセージパイとラオスビール。ビールはラオスが一番美味しかった!ソーセージパイももちろん美味!

f:id:twocars:20190130231314j:plain
ラオス初食事はソーセージパイとラオスビール
さらに20分ぐらい歩いて宿に到着。宿の近くのメコン川沿いのレストランに入り、夕日を眺める。遠くに山があるので地平線すれすれの夕日は見えず、まだ高度があるうちから突然暗くなるが、メコン川に映る夕日は見とれてしまう。

旅の終着点、ルアンパバーンを存分に楽しんでいる。メコン川の夕日を見ながら名物ラオスソーセージ。ソーセージはだいぶスパイシーだった。

メコン川に沈む夕日
夕日&ビール

米&ソーセージ

偶然、宿が同じ日本人の女子大生とここでも会ったのでそのままナイトマーケットに一緒に。共通の友人がいた(!)こともあり話も弾みながらお土産買ったり。
ルアンパバーンでは彼女と行動を共にする機会が多かったが、こんな感じでいろんな都市行くごとにそんな友達が増えるのも良い。

3/26 Day13

ぼんやり街歩きなど

当初は滝を見に行ったりする予定だったが、疲れからか、行動欲が低くなってきたのでルアンパバーンの中をぼんやり歩いたりしていた。
平和な街で、財布さえ持っていればフラフラ歩いても安全。
f:id:twocars:20180508224454j:plain:w300 (タイっぽい派手な寺院)
昼ごはんはサンドイッチ(30000kip=400円)。フランス領だったこともあり、パン系が多い。ボリューミーで、お腹いっぱい。 f:id:twocars:20180508224428j:plain:w300

小学校へ

カンボジアに続き、小学校へ。ここはメコン川の対岸にあるので、メコン川渡り。4人で、往復40000kip。だいぶ値切った。メコン川の水は"かなり"汚い。
小学校に着いた頃には授業が終わっていて、放課後の遊びとかを見て、セパタクローを一緒に遊んだり、折り紙やったり。

f:id:twocars:20190130232023j:plainf:id:twocars:20190130232032j:plain
セパタクロー、チェッカー
そしてなぜか解と係数の関係

f:id:twocars:20180508230346j:plain:w300 (1)これを指差すと、
f:id:twocars:20180508230352j:plain:w300 (2)目の前で調理してもらえて、
f:id:twocars:20180508230354j:plain:w300 (3) 出来上がり。美味しい。

3/27 Day14

托鉢

托鉢。だいぶ見世物っぽくて少しがっかり。
帰りから大雨。

https://twitter.com/Bigtwocars/status/978453991649558528
雨だったので宿から空港はトゥクトゥクで。

本来はハノイのみのトランジットだったはずが、前日のスケジュール変更でビエンチャンも経由することに。(最悪。)

3/28 Day15

ノイバイ空港

そんなわけでノイバイ空港に18時ごろに到着。
ベトナムには、再入国には出国から30日開けないといけないというルールがあるためベトナム入国できず。何もないノイバイ空港で地獄の待ち時間。

面白いこともなく淡々と時間を過ごす。スマホ見たり、写真見返したり、ぼんやりしたり。25時の最終便以降も空港に残っている人はあたりで僕とあと1人しかいなかった。荷物を座席にくくりつけて就寝。

なんとか時間を過ごして帰国。
Fin

☆はじめましての方、いつも見てくださってる方、よろしくお願いします!

 

Prev.

twocars.hatenablog.com